Vimでsimplenoteを編集する

Feb 16, 2016 21:10 · 773 words · 2 minute read vim simplenote

simplenoteというサービスをVimから使うための設定について書きました。

Simplenoteとは

  • Evernoteのように使えるクラウドサービス。
  • リッチな機能はなく、管理対象はテキスト(markdown)のみ。
  • markdownに対応

やったこと

simplenote.vimを使う。

手順

  • simplenote.vimのインストール

  • simpletenote.vimでアカウントの設定 .vimrcにsimplenoteのアカウント情報を記します。

#.vimrc
NeoBundle 'mrtazz/simplenote.vim'

let g:SimplenoteUsername = "XXX"
let g:SimplenotePassword = "XXX"

アカウント設定は.simplenotercファイルに書いて、.vimrcから.simplenotercを呼び出すようにすると、設定を外部ファイルに切り出せる。

#.simplenoterc

let g:SimplenoteUsername = "XXX"
let g:SimplenotePassword = "XXX"
#.vimrc

NeoBundle 'mrtazz/simplenote.vim'

source .simplenoterc
  • vimでよしなに扱うための設定追加
#.simplenoterc
let g:SimplenoteUsername = "XXX"
let g:SimplenotePassword = "XXX"

let g:SimplenoteFiletype = "markdown" 'markdownファイルとして読み込む
let g:SimplenoteVertical = 1

:Simplenote -nで新しいメモを作成したり、:Simplenote -lでメモの一覧を見てメモを選んで編集、などの基本的な操作が行えるようになります。

最後に、おそらくmemoとtodoという名前のメモをたくさん使うことになるので、vimのカスタムコマンドの設定をしました。
さらに、shellからそのままmemoやtodoを呼び出せるようにaliasの設定を行いました。
ついでに、メモの一覧をnote、新しいメモをnewを実行すると呼び出せるように設定しました。

#.simplenoterc
let g:SimplenoteUsername = "XXX"
let g:SimplenotePassword = "XXX"

let g:SimplenoteFiletype = "markdown"
let g:SimplenoteVertical = 1

command Todo Simplenote -o XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
command Memo Simplenote -o XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

XXXXの部分には、メモのkeyを記述します。
メモのキーは、:Simplenote -Vで確認できます。

#.bashrc of .zshrc
alias note='vim -c "Simplenote -l"'
alias todo='vim -c Todo -c on'
alias memo='vim -c Memo -c on'
alias new='vim -c "Simplenote -n"'

TodoコマンドやMemoコマンドで開くと、ウィンドウが二つ開いてしまうので、onコマンドでウィンドウを一つになるように設定しています。

Twitter Share